スポンサードリンク

会計ワールドサイトトップ >簿記2級 | 簿記2級講座 >> 簿記2級講座第一回 一般商品売買
ここでは3級の復習も含め、一般商品売買の重要事項について
確認していきます。

期中処理の方法として三分法をしっかり押さえましょう。
三分法とは、商品売買を「仕入」「売上」「繰越商品」の3つの
勘定に分けて記入して行く方法の事を言います。
(※他にも方法はありますが、覚える必要はありません)

それぞれの勘定の性質は
「仕入」⇒費用
「売上」⇒収益
「繰越商品」⇒資産
となります。

「仕入」は商品を仕入れたときに使用します。

(例)商品500を仕入れて掛けで支払った。
仕入 500 / 買掛金 500

「売上」は商品を販売した時に使用します。

(例)商品500を販売し代金は掛けとした
売掛金 500 / 売上 500

「繰越商品」については、次回解説します。

それでは、仕入れた商品を返品した場合や値引きを受けた時
また、売り上げた商品が返品された場合や値引きした時は
どのように処理するのでしょうか?

仕入れた商品を返品あるいは値引きを受けた場合は
仕入のマイナスとして処理します

(例)先に仕入れた500の内、100を返品した
買掛金 100 / 仕入 100

(例)先に仕入れた500の内、100の値引きを受けた
買掛金 100 / 仕入 100

売り上げた商品が返品あるいは値引きした場合は
売上のマイナスとして処理します

(例)先に売り上げた500の内、100が返品された
売上 100 / 売掛金 100

(例)先に売り上げた500の内、100値引きした
売上 100 / 売掛金 100

つまり、返品や値引きの場合は反対の仕訳を切る形になります。

それでは、割引を受けた場合や割引した場合は
どうなるでしょうか?

(例)先に仕入れた500の内、100の割引を受けた
買掛金 100 / 仕入 100  としたい所ですが
これは間違いです。正解は
買掛金 100 / 仕入割引 100
このようになります。

(例)先に売り上げた500の内、100割引した
売上割引 100 / 売掛金

つまり、割引を受けた場合は「仕入割引」勘定(収益)で処理し
割引した場合は「売上割引」勘定(費用)でそれぞれ処理します。

値引きと割引、一見同じ意味に思われるかも知れませんが
簿記上では意味が異なります。

なぜそうなのか?については深く追求しても得点には結び
つかないので

返品・値引き⇒仕入あるいは売上のマイナス(反対仕訳)
割引⇒仕入割引(収益)あるは売上割引(費用)の勘定で処理する


これだけ、しっかり覚えておきましょう。

次回は、諸掛り、売上原価の算定について学習します。

お疲れさまでした




スポンサードリンク

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. サクッとうかる日商2級商業簿記テキスト |福島 三千代  [ 得アマゾン探検隊 ]   January 05, 2010 20:39
サクッとうかる日商2級商業簿記テキスト福島 三千代ネットスクール 刊発売日 20...

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔