スポンサードリンク

会計ワールドサイトトップ >簿記論・財務諸表論 | 貸借対照表 >> 現金預金〜小口現金〜
小口現金というのは
日常的な少額の現金の出し入れを行うために用意する
現金の事を言います。

あなたかが会社員ならば、自分が立て替えた経費を
経理課に行って現金でもらうといった経験があると思います。

そのような精算業務のためにあらかじめ経理課で用意する現金の事ですね。

一般的には大金庫とは別に、手提げ金庫などの小さな金庫で管理されます。
実際の実務は会社によってまちまちです。

ここでは小口現金に関して試験で問われる事項について説明します。


まず、小口現金として用意する現金の補給方法です。

以下の2パターンがあります。

1.定額資金前渡制
2.随時補給制


定額資金前渡制というのは、小口現金として用意する金額を一定額にして
定期的(1週間あるいは一か月程度)にあらかじめ決めた一定額まで補給する制度の事です。

これは別名、インプレスト・システムと言われます。

良く試験では、「当社はインプレストシステムを採用している」などと書かれます。
その場合はこの定額資金前渡制のことを指します。

一方

随時補給制というのは、読んで字のごとく小口現金が不足したら随時補給するというものです。

試験で問われるのは圧倒的に、定額資金前渡制になります。

それでは仕訳の例を見て行きましょう。

【前渡の処理】
(例)小口現金として50,000円を補給するために担当者に小切手を振出した。

(借)小口現金 50,000  (貸)当座預金 50,000


【小口現金の出金の処理】
(例)社員に交通費の精算として、現金10,000円を支払った。
(例)光熱費の支払いとして、20,000円を現金で支払った。

 ※以上、仕訳なし


【精算報告時の処理】
(例)小口現金の担当者から報告を受けた

(借)交通費 10,000  (貸)小口現金 30,000
(借)光熱費 20,000 


【小口現金補給時の処理】
(例)小口現金の担当者から報告を受けた、30,000円について小切手を振出して
担当者に渡した。

(借)小口現金 30,000  (貸)当座預金 30,000


スポンサードリンク

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔